役員紹介

HOME役員紹介

役員紹介

2021年度 組織図

クリックすると拡大表示されます。

理事長
新井 文人
Fumito Arai
新井法務事務所
行政書士・海事代理士

【はじめに】
100年に一度という新型コロナウイルス感染症の脅威が日本のみならず世界規模で発
生し、私たちの日々の生活に大きな影響を与えています。この川崎青年会議所も大きな影響
を受け、従来の運動をおこなうことができず、苦境に立たされています。
しかしながら、われわれの先達は多くの苦難を乗り越え、わがまち川崎をつくりあげてこ
られました。今こそ70年前の創立の精神を今一度、振り返り、改めて行動していく事が求
められているのではないでしょうか。

【70周年を迎えて】
川崎青年会議所は、1951年10月20日戦後間もない荒廃の中から、愛するわがまち
川崎を復興するために、25名の青年が立ち上がり誕生いたしました。その設立趣意書には、
「祖國日本の再建は我々青年の燃ゆるが如き情熱と撓まざる実行力に依ってのみ達成され
る」と高らかに謳われております。以来市民とともに地域に根ざした運動をおこない、本年
で70周年の節目を迎えます。「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、より良いまち
づくりをめざし、多くの先輩諸兄が築き上げてこられた歴史と伝統はわれわれの誇りです。
これまでの歴史と伝統を継承し、われわれも70周年という記念すべき年に相応しい運
動を展開することで、川崎を「明るい豊かなまち」にすることが地域への感謝を表すること
になると考えます。

【まちづくり】
市民の政治参画において、国政選挙や地方選挙の投票率は年々低下しています。自分には
関係がない、政治では自分の生活は変わらないといった地域の未来への無関心から、特に若
年層の低い投票率は大きな課題となっています。将来を担う子どもたちのために、活力ある
地域を創造するためには、自分の住み暮らすまちに関心を持ち、当事者意識を持った市民の
意識向上を図っていくことが必要です。川崎青年会議所では、市長選挙公開討論会、市長マ
ニフェスト検証を通して、政策への共感から首長を決める選挙を目指し、またその政策が実
施されているのか、その達成状況について公平中立の立場から検証をおこなっております。
本年度は若年層へ政策本位の政治選択を促していくために、高校生等若年層と協働し、より
多くの市民に政策を知る機会を提供していくことで、市民一人ひとりが住み暮らす地域の
政治への関心を高め、政治に主体的・積極的に参画する地域づくりにつなげてまいります。

【会員拡大】
川崎青年会議所もかつては250名を超す会員が在籍しておりました。しかし、近年では
期首会員数が100名を下回るまで減少しています。また、近年では毎年20名近くの会員
が卒業しております。この状況下に於いて、会員拡大は急務ではありますが只々闇雲に拡大
と叫んでも効果はあがりません。なぜ会員数の減少を食い止められないのか、どうすれば拡
大が成功するのか事前にしっかりと検証しなければ、拡大は成功しないと考えます。それは
誰かに任せるのではなく会員一人ひとりが自分自身の課題と捉え、組織が一丸となって会
員拡大に挑戦する必要があります。
会員拡大も青年会議所運動そのものです。組織が一丸となって入会候補者に想いを伝え、
共感を得て巻き込んでいく必要があります。その為にもまず会員一人ひとりが情熱を持っ
て挑戦する気概がなければ入会候補者に想いは伝わりません。会員全員が同じ目標を持っ
て行動できるよう想いを伝播させていく必要があります。

【会員研修】
決して疎かにしてはならないのが会員の育成です。青年会議所は意識変革団体です。会員
の意識を変えられずして、市民の意識変革を促すことなどできはしません。
特に平均在籍年数が短くなっている現在においては、新入会員に対する研修が非常に重
要になっています。現状の研修制度は体系的なセミナーが構築されているわけではなく、ほ
ぼОJTとなっており、実地で説明しながらトレーニングをするという状況です。これでは
指導するメンバーの力量によって内容の差異が出てしまい、体系的な学びを得ることが出
来ません。本年度は体系的な知識を学ぶことを目的とした、研修資料を作成し、新入会員が
よりスムーズに川崎青年会議所の運動に邁進出来るよう土台作りをおこないます。

【例会の重要性】
川崎青年会議所は定款において毎月1回以上の例会を開催することが定められ、入会認
証書を授与される前に、「例会に出席することを信条とする」ことを誰もが宣誓したはずで
す。それだけ例会というものが青年会議所にとって重要な位置付けであるということを認
識していただきたい。月に一度全員が一堂に会し、組織の方向性を確認する。とても重要で
貴重な時間です。是非とも例会へは多くのメンバーが参加できるように設営をおこない「行
かなければならない」ではなく、興味を持って「行きたい」と思える例会づくりに挑戦し、
組織の結束を強いものにしてまいります。

【出向の機会】
青年会議所には、国際青年会議所・日本青年会議所・関東地区協議会・神奈川ブロック協
議会といった、より広い地域を対象とした出向という、最高の自己成長の機会があります。
そこで他青年会議所メンバーと出会い、ともに活動することで新たな友情を築き得るとい
う魅力があります。また、「川崎青年会議所の看板を背負っている」という気概をもって、
出向という大きな壁に挑むことで、今までに得た自信と経験と実績が試され、自分の置かれ
ている立ち位置を知り、新たな成長への道が見えるのです。
出向というスケールでの強烈な意識変革の原体験を通して、自己成長を遂げた会員が、広
い繋がりと視野をもって臨機応変に行動できる組織へと川崎青年会議所を導きます。さら
に、組織力の向上を図るために、出向者が得られた成果を報告し、その活躍や成長体験によ
って出向していないメンバーを感化することで、出向での学びを必ず川崎青年会議所に還
元します。

【結び】
コロナ以前は当たり前だった生活様式は崩れ去り、私たちの生活は非常に大きな転換期
を迎えています。社会が大きく変革する今だからこそ、行動しましょう。われわれ青年会議
所にしかできないことを、失敗を恐れず、行動しましょう。行動なくして結果を得ることは
できないのです。
本年私は、どんな困難にあっても乗り越える強い意志を持ち、青年会議所運動に邁進する
ことをお誓いいたします。皆様からのご指導ご鞭撻をお願い申し上げ、所信とさせていただ
きます。

新井 文人
直前理事長
勢津 智佳
Tomoyoshi Setsu
明治堂株式会社
取締役
勢津 智佳
監事
田中 徳一郎
Tokuichirou Tanaka
神奈川県議会議員
田中 徳一郎
監事
稲葉 翔
Sho Inaba
武蔵小杉駅前法律事務所
弁護士
稲葉 翔
副理事長
村田 光大郎
Kotaro Murata
株式会社ムラタヤ
取締役
稲葉 翔
副理事長
岸 顕崇
Kensyu Kishi
(宗)法田寺
代表役員
岸 顕崇
専務理事
神園 佳昌
Yoshiaki Kamizono
フォワード行政書士事務所
行政書士
神園 佳昌
副専務理事
深澤 輝行
Teruyuki Fukazawa
株式会社シーズ
代表取締役
深澤 輝行
まちづくり委員会 委員長
松崎 旭
Asahi Matsuzaki
株式会社横浜ユーポス
経理総務室室長

多様性を持ち発展し続けている川崎市は、人口が150万人を超え増加し続けています。その反面、地域とのつながりが希薄となり、市民のまちづくりへの参画意識が薄れていくという懸念があります。川崎青年会議所は市民と地域をつなぎ、伝統文化の継承や政治に対しての関心を高め、市民一人ひとりが川崎のまちづくりに対して主体的な考えを持ってもらうように変革していかなければなりません。
川崎青年会議所の伝統と地域とのつながりを継承するため、既存の枠組みにとらわれることなく新たな可能性を模索しながら、今までの伝統に新たな変革を加えた御供茶式とお茶会を実施します。お茶会という他団体と協力の上設える伝統行事を継承・発展させることで、地域とのつながりをより強固なものにし、川崎青年会議所の対外的な発信力や推進力を高めます。
そして、若年層を含めた市民が主体的に政治参加する意識を醸成できる機会として、マニフェスト検証会を実施します。過去4年間、福田市長が掲げたマニフェストについて、未だ達成していない点なども含めて中立的な目線で切り込んでいきます。
さらに、マニフェスト検証会を踏まえた上で市長選挙公開討論会を行います。市長選挙立候補者へ幅広い視点の質問を投げかけていくことで、各立候補者の考えや具体的な施策を検証していきます。
これまでの伝統に、新しい生活様式や新しい文化を加え、立ち止まることなく歩み続けます。事業を通して、地域をつなぎ、活力あるまちづくりをより率先して進めていく組織に成長させたいと思います。同時に会員自身が川崎青年会議所の一員であることに誇りを持ち、運動に対してのやりがいや達成感を得ることを目指してまいります。

[事業計画]
1:市長選挙公開討論会及びマニフェスト検証に係る事業の実施
2:御供茶式とお茶会を実施
3:例会への積極的な参加及び会員拡大の推進

松崎 旭
まちづくり委員会 副委員長
高野 裕
Yuu Kouno
株式会社エスカルゴ
代表取締役
高野 裕
例会研修委員会 委員長
細川 宗孝
Munetaka Hosokawa
やまもと総合法律事務所
弁護士
近年、例会の出席率が低迷していることや会員の平均在籍年数が短くなり十分な研修が行われていないことによって、川崎を明るい豊かなまちにする活動が疎かになっているという現状があります。各地域が抱えている問題を解決するためには市民の意識変革が必要であり、そのためには青年である我々自身が率先して意識変革を行う必要があります。そのために、意識変革の機会であり研修の場である例会を今以上に会員が行きたいと思えるものに改革し、同時に効果的な研修制度を構築することが必要とされています。
まずは、新入会員の受入れ委員会として、入会して間もない会員に対し、即座に効果的な運動が可能となるよう、川崎青年会議所に関する研修資料を作成し、神奈川ブロック協議会アカデミー委員会とも連携して研修事業を実施し、体系的な学びの機会を提供します。これにより、新入会員が意義をもって我々の活動に積極的に参加できるようにします。
そして、組織の方向性を再確認する重要な時間である例会の出席率を向上させるために、特別会員の講演やミニ研修の場を設けるとともに、各委員会の動員を積極的にサポートし、例会出席率を70%以上とすることを目指します。
さらに、会員に例会の重要性を再認識してもらうと同時に関係諸団体に我々の本年度の運動をアピールするために新年のつどいを実施し、一年の良いスタートとします。
また、各委員会が担当する例会や事業の良かった点や課題点を会員全員で検証するために、事業検証例会を行います。会員全員から事後的に検証されることを各委員会が意識することでより効果的な事業を構築するきっかけとし、また次年度の例会がより良いものとなるようにします。
以上のとおり、体系的な研修の機会の提供及び効果的な例会の実施により、会員一人一人の意識から組織を変革させ、最終的には川崎をより時代に則した地域に変革させることで、70周年を迎えた歴史ある団体としての使命を果たして参ります。

[事業計画]
1: 例会の設営及びセレモニーの進行
2: 研修例会及び年間を通した研修事業の実施
3: 新年賀詞交歓会の実施
4: 事業検証及び報告に関する事業の実施
5: 例会への積極的な参加及び会員拡大の推進

細川 宗孝
副委員長
村木 祐治
Yuji Muraki
ひまわり交通株式会社(タクシー業)
専務取締役
村木 祐治
会員拡大会議 議長
木村 正
Tadashi Kimura
株式会社永信商事
代表取締役
本年度70周年を迎える川崎青年会議所は「明るい豊かなまちづくりの創出」という崇高な目標を掲げております。ではこの成熟社会において「明るい豊かなまちづくり」とは何になるのでしょうか。それを考える機会、またそれに向けて行動し実行する機会。これらの機会を会員に提供することが青年会議所の存在意義です。
この存在意義を一人ひとりの会員が自覚を持ち、情熱をもって入会候補者に想いを伝えて行けば自然と新たな仲間が増えていくはずです。本年度は委員会形式ではなく会議体として会員全員の力を合わせて拡大活動をしていくことになります。かつては最大250名を超す会員数を誇っていた川崎青年会議所も本年度期首人数は約60人にまで縮小しております。また本年度卒業予定者も9人となっており、会員拡大は急務となっております。またSDGsの5番目の開発目標でもある「ジェンダー平等」の実現のためにも女性会員の獲 11 得していくこと。さらには持続性のある組織にするために若い世代の会員を獲得すること。この2つを主な会員拡大の肝とし、目標として掲げたいと思っております。
手法の一つに外部団体との共同が必要です。先輩方が先駆けて残して下さった多摩川美化活動への参加、シニアクラブとコミュニケーションなど積極的に活動していきます。
世界規模で発生している新型コロナウィルスの影響で例会、事業、研修など公式の会合が中止、或いはWEBでの開催となっております。対面での交流が制限されている現状で創意工夫をもって取り組んで行く形になると思います。当青年会議所は若い経済人の集合体でありまして、バブル経済崩壊、リーマンショックなどの経済混乱にも耐えて参りました。ビジネスでも時代に沿った新たなアプローチがあるように、会員拡大でもこの時代だから、新型コロナ禍のこの時期だからこそ出来る方法があると思います。
様々な方法を模索しながら会員全員が一丸となって行動し、会員拡大して行く所存です。

[事業計画]
1: ジェンダー平等の実現のため、女性会員の拡大
2: 20代を中心とした若年層メンバーの拡大
3: 多摩川美化活動事業

木村 正
会員拡大会議 副議長
加藤 大貴
Hiroki Kato
加藤土建株式会社
加藤 大貴
70周年実行委員会 委員長
飯島 正之
Masayuki Iijima
飯島金物店
本年、川崎青年会議所は創立70周年を迎えます。まずはこの節目の年であることをメンバーはもちろん、これまで青年会議所運動に協力いただいた方や川崎市民をはじめとした地域のみなさまにお知らせすることが求められます。その上で青年会議所として、これまで何をしてきたか、今どのようにあるのか、そしてこれからどうあるべきかを多くの人と意見を交わし、今後の青年会議所運動につなげていくことが必要です。
まずは、川崎青年会議所が70周年を迎えたことを広く伝え、これまでの事業を振り返る機会となる事業を実施します。昨年までの複数の委員会が行ってきた過去の振り返りを参考にしつつ、70年間の歩みを再認識し多くの人と共有できる場をつくります。
そして、70周年を多くの人と祝い分かち合う場をつくります。川崎青年会議所のこれまでと今とこれからを見ていただくための場をつくり、青年会議所運動に対しての支援、激励をいただく機会といたします。
さらに、これからの川崎青年会議所がどのような課題に取り組むべきか、どうやって多くの人と協力していくか、などといった今後の活動の足掛かりとなるための第一歩となる事業を実施します。
また、これまで10年ごとにつくってきた記念誌を今回も作成し、過去現在未来を俯瞰できる誌面を通してこれからのまちづくりのツールとなるようにいたします。
そして、これらの事業、運動、そして70周年そのものを広く告知するためにSNSや既存のメディアを含めたさまざまな形による広報を展開してまいります。
これらの事業や活動は川崎青年会議所だけでなく、多くのステークホルダーの方々と協働する仕組みによって展開していきます。様々な人に話を聞き、課題を尋ね、共に考えながら、これからの青年会議所運動の形をこの70周年という節目につくりあげていくことが70周年実行委員会としての使命であると考え、推進してまいります。

[事業計画]
1: 70周年に関連する事業の実施
2: 70周年式典の実施
3: 70周年記念事業の実施
4: 内外に向けたSNSを含めた広報発信
5: 例会への積極的な参加及び会員拡大の推進

飯島 正之
70周年実行委員会 副委員長
宮田 昌幸
Masayuki Miyata
堀内木材株式会社
代表取締役
宮田 昌幸
総務渉外委員会 委員長
宮﨑 真太朗
Shintaro Miyazaki
社会保険労務士法人マス労務コンサルティング
社会保険労務士
新しい生活環境の中で、現状の委員会活動では、非対面で委員会運営は出来ても会員間の情報共有やコミュニケーションについてはまだ改善の余地がありました。これから創立70周年を迎え、新しい生活環境に適応し、今までと同じようなコミュニケーションが取れるように会員を支援するには、あらゆる環境変化に柔軟かつ迅速に対応できる先進的な組織運営が必要です。
まずは、いかなる社会環境であっても安定した委員会運営を実行しながら、他の委員会にも運営方法を共有するために、柔軟な会議運営ができるように確立して、計画された理事会・諸会議及び総会を円滑に運営することができ、その運営方法を他の委員会にも参考にしてもらえるようになります。
そして、日々変わる社会環境の変化に対応するために、それに合わせた定款並びに規則の変更、新しい技術が導入できないか検討し、様々な環境変化に対応できる委員会となっていきます。
さらに、円滑な渉外事項の処理及び出向者支援のために、川崎青年会議所の活動を継続して内外に発信、出向者に関する情報共有を行い、川崎青年会議所の活動を活性化することで、外部の方の青年会議所活動の認知度の拡大、メンバー全員の青年会議所活動への理解を深めることになります。
また、事務局の効率的な運営のために、各種業務、運営方法、備品管理の見直しを行い、環境変化に強い持続可能な事務局となります。
先輩諸氏が良い組織にしようと変更してきた定款並びに規則を、あらゆる変化に対応ができるものに進化させ、諸会議等の運営を確実に行い、その他、対外への積極的な情報発信、出向者からの情報共有を活性化させ、柔軟な決定ができる組織運営を構築することとなります。その結果、川崎青年会議所の地域内での存在感を大きくさせ、さらなる会員の自己成長により盤石な組織が構築され、ひいては社会の発展に寄与します。
[事業計画]
1:理事会及び諸会議の運営
2:定時総会及び臨時総会の実施
3:定款及び規則の管理、ホームページの管理
4:事務局の運営
5:渉外事項の処理及び出向者支援
6:例会への積極的な参加及び会員拡大の推進

宮﨑 真太朗
総務渉外委員会 副委員長
土橋 妥友
Yasutomo Dobashi
司法書士みらい事務所
代表司法書士
土橋 妥友